そばの打ち方

自らできる、最高のおもてなし−手打ちそば。粉、水、道具、そして技術とさまざまな要素が絡み合う世界。ここでは、できるだけ詳しく手順を説明いたします。

たたみ きちんと端々をそろえて、そばの長さがここで決まる

44.
たたみ生地の半分くらいをのし台に広げたっぷりと打粉を振ります。

45.
巻いてある部分を全体が三つ折れになる幅で、滑らせるように重ねてゆきわに
なっている部分をしっかりと手で抑え折り目をつけます。

46.
残りを折り返し、輪の部分をしっかりと手で抑え折り目をつけます。

47.
一度重ねた3枚目を開き、内側から手刀で切り離します。

48.
重ねた生地の上に打粉をたっぷり振ります。

49.
 

50.
残った生地を麺棒ごと180度まわし、右端の切り口を合わせて重ねます。

51.
手前半分に打粉を振ります。

52.
右端から生地を持ち、生地の上を滑らせるようにして上半分を

53.
手前に折り返して重ねます。

54.
今度は生地の上半分打粉を振り、

55.
下から両手で持ち滑らせるように上へ向かって

56.
折り返します。

57.
 

北海道石狩市新港西1丁目771−3
TEL:0133-75-9811 FAX:0133-75-9855

Copyright (c)Yamakaseifun Co.,Ltd. All rights reserved. produced

PAGE TOP