そば粉ができるまで

良いそば粉を提供するには、もちろん良い原料を手に入れることが一番大切です。
しかし、その加工にもいろいろ秘密があるのです。

収穫

しっかり実ったそばを、天日乾燥します。夜の露にあたらないように、毎日、朝外に出して、夜は納屋に入れます。ここで水分量が多くても少なくても、後の製粉工程に大きな影響を及ぼしますので、しっかりチェックします。

選別・貯蔵

収穫

製粉工場でも大きさの選別をしますが、産地の段階でもしっかり選別しています。選別が終わったら、麻袋に入れて貯蔵し、必要に応じて工場へ運ばれます。

精選

工場に入った、玄そばは、篩い、風、重量差、磁石などで、ごみや異物を取り除き、玄そば同士をすり合わせて、殻についた細かなほこりを取り、粒の大きさ別に分けて貯蔵されます。これが、精選玄そばと呼ばれ、そば製粉はこの精選玄そばを使って行います。この精選工程の良し悪しが、そば粉の風味に大きく影響します。

石臼

丁寧に精選された玄そばは、石臼の温度が上がらないように、部屋全体を温度コントロールした石臼専用室で製粉されます。低速回転石臼で挽かれた粉は、タンクに入り、均一になるよう撹拌されてから、袋詰めされます。

北海道石狩市新港西1丁目771−3
TEL:0133-75-9811 FAX:0133-75-9855

Copyright (c)Yamakaseifun Co.,Ltd. All rights reserved. produced

PAGE TOP